iPhone11 pro max

  1. ホーム
  2. スマートフォン本体
  3. 直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体

直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体
直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体

商品の説明
256G SIMフリーバッテリー最大容量98%画面背面きれいな状態です。ケース付き

商品の情報
カテゴリー:家電・スマホ・カメラ---スマートフォン/携帯電話---スマートフォン本体
  • 商品のサイズ:
  • ブランド: アップル
  • 商品の状態: 目立った傷や汚れなし
  • 配送料の負担: 送料込み(出品者負担)
  • 配送の方法: らくらくメルカリ便
  • 発送元の地域: 東京都
  • 発送までの日数: 1~2日で発送





公式通販激安店舗 iPhone11 max pro スマートフォン/携帯電話 スマートフォン本体

直販お値下 iPhone11 max pro スマートフォン本体 - collettifiss.com


公式通販激安店舗 iPhone11 max pro スマートフォン/携帯電話 スマートフォン本体

 1980年代前半のポップミュージックを最も象徴するものはシンセとドラム・マシーンのサウンドでした。R&Bシーンについても同様でシンセ・ファンクが流行していました。ですが、1985年頃にはそれも一段落します。次のダンスサウンドの核となるニュージャック・スウィングのブームは1987年頃からなので、85年、86年は言わば「凪(なぎ)」の時期でした。凪ということは、完全な無風状態だったかというと決してそうではありません。まさに”静かな嵐(クワイエット・ストーム)”が吹いていたのです。(上手い!とつい自画自賛してしまいました)

 この時代の代表的名盤、アニタ・ベイカーの「ラプチュア」のプロデューサーであるマイケル・J・パウエルはアルバムを作った頃の時代についてこう語っています。

「このようなサウンドの音楽を当時ラジオでまったく聴くことはなかった。最も近かったのがシャーデーのファースト(「ダイアモンド・ライフ」)だ。あの頃の音楽はディスコの流れから来ていて、誰もがアップテンポの曲ばかりやっていた。(そんな中で)僕たちはバラードをひっさげて登場した。僕が思うにみんなそういう音楽をすごく欲しがっていたんだと思う」

 ただ、シャーデー同様、彼らもそのタイミングを”狙って”バラード路線にしたわけではありません。アーティストや作り手がもともとそういう音楽が好きで、何よりボーカルの声質やニュアンスがまさにそういう音楽にピッタリだったからで、それがたまたま時流にどんぴしゃにハマったわけです。

 デトロイトで人気のチャプター8というバンドをやっていたマイケルは、他のバンド・メンバーが地元のクラブでいい女性シンガーを見たという話を聞き、さっそく彼女のライヴを見てすぐにバンドに加わらないかと誘います。彼女も快諾し、ファースト・アルバムを作ることになります。

 そして、1983年に自身のファースト・アルバム「ソングストレス」を発表します。タイトルは”歌姫”という意味です。リリースしたのはビヴァリー・グレン・レコードというインディーズですが、ボビー・ウーマックの「THE POET」「THE POET Ⅱ」という名盤もリリースしている侮れないレーベルです。

 このアルバムの制作にはマイケルは関わっていませんが、曲は1曲提供していてシングルにもなりました。
 
 

 そのときに、アニタは自分のアルバム用に考えている曲を2曲持っていて、マイケルはそのアレンジをすることから作業を始めます。そのうちの1曲は「ラプチュア」の中の代表曲の一つになるこの曲でした。



 「ラプチュア」のプロデュースについて、マイケルはオケを完全に作ってからアニタの歌を入れたらしいので、オケのレコーディングに関しては、演奏しているミュージシャンが違うだけで、音楽的にはマイケルとしては特に違いを感じていなかったようです。 ずっとバンド演奏でレコーディングしていたアーティストの多くが、さすがにドラムマシーンを導入し始めていた時期なので、これは完全な揺り戻し、時流への反動と言っていいでしょう。

 同時期のアーバンなR&B、例えばカシーフやポール・ローレンスなどは、シンセ・ファンクと同じサウンド、編成でバラードをやっていたので、実はアニタやシャーデーとは成り立ちは違います。(聴く方はそんなもん関係ないですが、、)

 シンセ・ファンクの延長線上、成熟したシンセ・ファンクとしてのメロウ・グルーヴ(フレディ・ジャクソンなどハッシュ勢など)と、シンセ・ファンクへの反動、揺り戻しとしてのヒューマンでやや懐古的なソウル・ミュージック(シャーデー、アニタ)と捉える事が出来ると思います。

 大豊作だった85年〜86年のアーバン・アダルトR&Bには、成り立ちとしては2系統の流れがあったというのが今回の僕の結論です。

 そして、シャーデー、アニタの大成功で、大人な女性バラード・シンガーが
 
Rapture
Anita Baker
Atlantic / Wea
1994-06-17




ディス・ラヴズ・フォー・リアル

公式通販激安店舗 iPhone11 max pro スマートフォン/携帯電話 スマートフォン本体

チャプター8
ディスク・ユニオン
2007-11-23

ギャリー・グレン
Celeste
2004-11-06


公式通販激安店舗 iPhone11 max pro スマートフォン/携帯電話 スマートフォン本体

 ナラダ・マイケル・ウォルデンは間違いなく1980年代を代表する大ヒット・プロデューサーです。R&Bの枠を超えてポップの世界でも大成功しました。しかし彼は、なんとも全体像が掴みづらい人でもあります。70年代と80年代では別人のように仕事ぶりが違うからです。

 まず、彼のキャリアのスタートは”スーパー・ドラマー”として始まりました。マハビシュヌ・オーケストラというフュージョン・グループでプロとしてのキャリアをスタートさせます。このグループで彼はすでに作曲やボーカルも手掛けピアノも演奏するなどマルチな才能を発揮しています。フュージョンのグループの最高峰、ウェザー・リポートのアルバム「Black Market」(1976)でも2曲ドラムを担当しています。

 また、ジェフ・ベックの最高傑作として名高い「ワイアード」(1976)というアルバムで、ドラムを叩いているのが彼でした。この曲はアルバムのオープニング曲で、彼のプレイがいきなり炸裂しています。

  ちなみにこのアルバムの半分にあたる4曲を彼が作曲しています。

 「ワイアード」と同じ1976年にはアーティストとしてソロ・アルバム「Garden of Love Light」を発表します。フュージョンの作品ではありますが、4曲は自身でボーカルをとっています。 77年のセカンド「I Cry, I Smile」では完全なボーカル・アルバムになりR&Bににじり寄ってくる感じはありました。もともと歌うことへの意識の強い人だったようです。そして、79年には「Awakeninng」「The Dance Of My Life」と2枚のアルバムを作り、一気にディスコ・サウンドにアプローチし、R&Bのマーケットでも好リアクションを受けます。

  フュージョンからディスコサウンドへの移行というのは、当時そういう気運は間違いなくあったのでしょう。1979年はクインシー・ジョーンズが手がけたマイケル・ジャクソン「オフ・ザ・ウォール」が出た年で、1980年にはジョージ・ベンソン「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」なども生まれます。

 また、マハビシュヌ・オーケストラとジェフ・ベック「ワイアード」はジョージ・マーティン、自身のソロ・アルバムではトム・ダウトと、キャリアの初期に伝説的なプロデューサーの仕事ぶりを目の当たりした彼はプロデュース業にも興味があったようで、まず当時13歳だった女性シンガー、ステイシー・ラティソウのプロデュースを行います。

 彼女のプロデュースは1980年の「LET ME BE YOUR ANGEL」から1984年のジョニー・ギルとのコラボ・アルバム「Perfect Combination」まで5作も続きました。

    しかし、ジョニー・ギル、まだ20代前半だと思いますが、ルックスに比べて声の”ベテラン感”がハンパじゃないですね。

    さて、ナラダにとって、ダンス・ミュージックに大きくかじを切った直後に10代の女の子のプロデュースを5年に渡って続けたというのが、とても大きかったのではないかと今にしてみると思いす。 当然”ポップ・マーケットにうけるR&B”というのだ大命題だったはずで、80年代初期のポップヒットも彼なりに数多く研究したはずです。その作業で培ったノウハウが1985年に爆発するわけです。

 ちなみに彼は、81年にはシスター・スレッジのプロデュースを行い、スマッシュヒットを記録します。
「All American Girls」。


  シスター・スレッジは前作まではシックのナイル・ロジャーズとバーナード・エドワーズのプロデュースでしたので、そのサウンドを踏襲しながらわかりやすくしたような作りになっています。まだ、このころはいわゆるナラダ・サウンドは出来上がってなかった訳です。

 そして、彼がプロデューサーとしての大爆発した1985年です。

  この軽快でポジティヴなポップ感こそが、ナラダの持ち味。超絶技技巧のドラマーでいながらプロデューサーとしてためらわずドラムマシーンを導入し、楽天的なこの時代ならではのムードに完璧にフィットしたサウンドを作った訳です、このためらいのなさこそが彼の良さでしょう。売れるために渋々やっているのではなく吹っ切れてやっている感じがします。

 今回僕は彼の作品を時系列的にざっくり追ってみたのですが、70年代と80年代(正確には79年以降)作風が大きく変わるのですが、彼の音楽には一貫して「ポジティヴさ」、かなり精神的なものに根ざしているのではないかと思われる「明るさ」「ポジティヴさ」があるように僕は感じました。

 僕がリアルタイムで知る限り最もポジティヴで明るかった80年代の空気と、彼の本来持っている資質が猛烈に化学反応を起こしたのではないかと思います。彼は音楽家としての資質、技量ともにスーパーマン・レベルの人だったと思いますが、強いエゴで自分だけの世界を作るタイプではなく、あくまでもオープンで共同作業を得意とするスタイルだったのがまた時代的に良かったのでしょう。

 80年代だったからこそ、彼はスーパー大ヒットプロデューサーになり得た、ということです。

 1990年にマライア・キャリーのデビュー曲「VISION OF LOVE」の共同プロデュースを彼が手がけるのですが、彼が加わったのは曲やアレンジがある程度出来上がってからだったようです。売れるための最後の仕上げを任された、ということなんだと思います。  ジョージ・ベンソン1986年の「While The City Sleeps,,,」。同じくらいの時期にフュージョンからディスコへ移行した両者が、ここで邂逅しました。




 


 



 シャーデーを完全なR&Bのアーティストとして捉えるのは無理があるとは思いますが、特に1980年代に彼女たちがアメリカのR&Bシーンへ与えた影響は決して侮れないレベルのものだったのは間違いありません。特に、僕がこのブログで取り上げている都会的な大人のR&Bの形成や、R&Bバラード・シンガーたちのの作品のテイスト、アレンジへの影響はかなりのものでした。例えばアニタ・ベイカー、レジーナ・ベルといった人たちが活躍しやすくなったわけです。

 ルース・エンズの話のときにも触れましたが、イギリスのアーティストがアメリカのR&Bシーンで成功するのは大変に難しいことでした。現在でもそれは変わっていません(ポップスやロックの世界では
 
 最初からアデュの存在感は別格だったようで、バックコーラスの彼女がバンドで一番目立っていたようです。その後スチュワートと アデュは意気投合し一緒に曲作りを始めます。アデュの部屋にはレコードコレクションがあって、彼女の好きなチェット・ベイカー、ニーナ・シモン、カーティス・メイフィールド、アル・グリーンなどをスチュワートも聴きながら曲作りの参考にしたようです。  

 コントロール・ルームを真っ暗にしてメンバー全員でリスニング・セッションをしたということです。などだったそうです。

 彼女たちの成功のきっかけは、ファッション・アイコンでもあったアデュの圧倒的な個性の新しさによるところが大きいでしょうが、音楽的にも"ディスコ以前”のヒューマンでエモーショナルなR&Bを新しく蘇らせたというのが大きいでしょう。80年代前半の音楽は打ち込みの大幅な導入とMTV仕様のにぎやかなアレンジが全盛で、少し騒がし過ぎました。その揺り戻しが始まった1984年あたりに、ちょうど絶妙なタイミングで彼女たちはあらわれたのですが、ただ、それは狙いではなく、”たまたま”ではあったのですが。

 続くセカンドアルバム「Promise」はR&Bチャートで11週連続No.1という大ヒットになりました。 その後もアルバムを出せば(本当にたまにしか出しませんが)、大ヒットを記録、2010年のアルバム「Soldier Of love」も前作から10年もたっているのに、R&Bチャートで1位を獲得しています。

 いまHIPHOPで最も売れるアーティストであるドレイクもシャーデーの熱狂的なファンであることを公言してはばからない そうですが、HIPHOP、R&Bシーンで絶大なる信頼を今も得ているのは間違いなく、こういうアーティストは他にはいないでしょう。

 

【すとぷり】すとぷり あにまるますこっと メンバーコンプ ×6 まとめ売り